home page top 新着monthly page 2013和鉄の道 2013風来坊 2013四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
.
愛媛大学東アジア古代鉄研究所 第6回国際シンポジュウム 「鉄と匈奴」聴講記録
東西ユーラシア大陸を結ぶ金属器・鉄器文化の道 Metal Road & Iron Road 探求
BC3世紀〜AD1世紀 モンゴルの遊牧の民「匈奴」が製鉄技術を持っていた
.
聴講中に撮影させていただ「鉄と匈奴」のシンポジュームの講演スライド
私にとっては非常にわかりやすく、興味のあるものばかりでしたので スライド動画に編集してみました
上記「匈奴の鉄」理解のためとご配慮・ご留意ください
1311kyoudo02.htm 2013.12.5.
.
                   【スライド動画 私蔵版】        先頭のページに戻る

第6回国際シンポジュウム「鉄と匈奴」
2013.11.9.  by Mutsu Nakanishi
.


.
●動画再生中  動画解像度をあげるため、大容量になっています。   オープンに時間がかかりますが、お許しください
●再生できないときは ここ をクリックください  【22MB 再生時間: 480sec.】
.
≪ 【PDF版】愛媛大学東アジア古代鉄研究所 第6回国際シンポジュウム 「鉄と匈奴」聴講記録 ≫
東西ユーラシア大陸を結ぶ金属器・鉄器文化の道 Metal Road & Iron Road 探求
BC3世紀〜AD1世紀 モンゴルの遊牧の民「匈奴」が製鉄技術を持っていた

P1

P2

P3

P4

P5

P6

P7

 
本頁先頭に戻る 先頭のページに戻る  前頁「鉄と匈奴」概要抜粋の先頭に戻る

.

home page top 新着monthly page 2013和鉄の道 2013風来坊 2013四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
.

   1311kyoudo02.htm  2013.12.5.  by Mutsu Nakanishi