home page top monthly page 2009四季折々・from Kobe 2009たたら探訪 2009風来坊 たたら探訪全file DOCK 全ファイルDOCK top

2月 陽だまりハイク    工都 尼崎 を支える「尼崎港閘門(尼ロック)」Walk

0903amrk00.htm   2009.3.5. by Mutsu Nakanishi

.

2月 陽だまりハイク 「工都 尼崎 を支える「尼崎港閘門(尼ロック)」Walk

工都 尼崎 を支える「尼崎港閘門(尼ロック)」Walk.2009.2.4

...                                             ■ PDF file 尼崎港閘門・尼ロック 解説 (インターネッ トより)
.
工都 尼崎 を支える「尼崎港閘門(尼ロック)」Walk目次
◆  【概要】工都 尼崎 を支える「尼崎港閘門(尼ロック)」Walk  
1. 出屋敷駅から西のブロック walk
  パナソニックPDP工場・尼ロック(西側)へ
A.  なぎさ回廊walking Road 鉄の街 Walk
   ● 蓬川沿いなぎさ回廊walking roadを中浜へ
 ● 中浜と末広町をつなぐ高架橋 工場街 360度の展望 
 ● 関電3発電所の跡地にできた 
           パナソニック 巨大なPDP2工場 (末広町)
B. 尼崎港閘門・尼ロックぎさ公園 (第二閘門)
C. リニューアルハイテク工場が立ち 並ぶ
蓬川東岸地区 西高 洲・西向町
 
.2. 尼崎駅から東のブロック Walk
  五合橋線をまっすぐ尼ロック(東側)へ
A 大高 洲 東浜 尼崎港閘門・尼ロック 第二閘門              .
B 尼ロックの南 防潮堤の外側 東 海岸町公共埠頭
C まっすぐ北へ 住金関連工場群を 抜けて 阪神尼崎へ
              (大高洲・東高洲・東向島)
3 尼ロックを歩いて
    100年近い鉄の街 尼崎の工場群が語るもの
 尼崎港閘門・尼ロック 概要解 説 インターネットほかより
 

尼崎港閘門・尼ロックWalk   Walking Map

      1. 出屋敷駅から西のブロック
               walkパナソニックPDP工場・尼ロック(西側)へ 
        2. 尼崎駅から東のブロック Walk
              五合橋線をまっすぐ尼ロック(東側)へ

 
鉄の街・工都 尼崎のシンボル 尼崎港 閘門(尼ロック)

                      
日本の高度成長を支えた阪神 工業地帯の中核「工都 尼崎」「鉄の街 尼崎」。ここに住む人たちは「尼崎」とは言わず、親しみをこめて、「尼」と呼ぶ。
私の故郷であり、神戸に移り住んだ後も、技術屋としての勤務地として通い続 け、今も多くの仲間がいる街である。
かつては公害・煤煙の町と名をはせた尼崎ですが、今「工都尼崎」から「公園都市 尼崎」へと 変貌が進んでいる。 
日本の産業構造の変化とともに、工場街の活気あふれた喧騒の風景は消えたが、お膝元阪神タイ ガースの熱烈なファンがあふれる庶民の街である。
市域の南側約半分がゼロメートル地帯の「尼」では、河は自然に海へは流れず、 街は防潮堤と水門に守られ、川の水は河口に据えられたドデカイ排水ポンプで海へ排水される。したがって、南の工場街につながる尼崎港に入る船は港の入口に ある尼崎港閘門(尼ロック)と呼ばれるパナマ運河式の「閘門」で水位を調整して入ってくる。
もっとも 現在は海岸の地先 の埋め立てが進み、防潮堤の外側にも大型船がつけられる岸壁ができている。(東海岸町)
 
尼崎港の閘門から港に入り、 直接工場の岸壁に横付けされる数々の船の姿は 43号線のすぐ南「住友金属鋼管製造所の三本煙突」や一番南の海岸沿いにあった「」関西電力の3つの発電所  6本煙突と共に「工都尼崎」を象徴するシンボル。
住金の三本煙突が消え、海岸 の関電 3発電所がパナソニックの大工場にすっかり衣替えして、工都尼崎のシンボルは尼崎ロックのみになってしまいました
在 この尼ロック周辺は阪神間の海岸沿いを結ぶ「なぎさ回廊」として 美しい河川護岸公園として整備されていると聞い てはいましたが、
長いこと出かけたことなく、また、かつてほどの活気はなくなったと聞くが、阪神工業地帯の中核 尼崎南部の工場街も、煙突が立ち並ぶ姿か
らは大きく変貌しましたが、健在である。
しかし、この南部の工業地帯も 阪神電車の車窓から変化してゆく姿を眺めるのみでもう十年足をふみいれたことなし。
かつて「鉄鋼・機械」を中心に日本を支え たとした重厚長大の製造業がその中心を自動車・エレクトロニクスに移し、
それにもまた、今 陰りの見える日本の製造業。
 
なぎさ回廊へ変貌をとげた尼ロックや南部 の工業地帯。
「尼崎の工場街がどんな変貌を遂げ、さら に 次にこの産業都市を支える製造業とは何なのか?」  
それを知りたくて、 ぽかぽか陽気の2月 4日 わが故郷 尼崎の工場街から 尼崎ロックまで歩きました。
そんな 変貌を遂げた尼崎の工場街・尼 ロックの写真です。
皆さんには どのように 映るでしょう か・・・

   先頭に戻る
.


尼 崎 南部の工業地帯の今昔  インタールットほかより

               騒音と煙が立ち昇る姿は かつての尼崎の工業地帯の活気の象徴 
               
               ハイテク化された現在の工場街は 青空と静かさを取り戻し、整然と立ち並んでいる 


なぎさ回廊・運河が結ぶ現在の尼崎南部の工場街 (中央の写真 関電発電所の跡地に建つパナソニックの工巨大工場) 2009.2.4. 

かつての尼崎南部工業地帯  関電発電所(左写真の右手および中央写真 )

.


         先頭に戻る

|< << < 0903amrk00.htm > 次頁>> 最終頁>|
.
 
home page top monthly page 2009四季折々・from Kobe 2009たたら探訪 2009風来坊 たたら探訪全file DOCK 全ファイルDOCK top
..

0903amrk00.htm  2009.3.5.  by Mutsu  Nakanishi    2017.3.15.整理修正