mp4動画です。 mycrosoft メディアプレイヤーはmp4動画に対応していませんので、mp4動画再生に必要なDVD player などインストールください 【VLC media Playerのインストール】 
.
home page top 新着monthly page 2016和鉄の道 2016風来坊 2016四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
.
【スライド動画≪2016石楠花≫
新緑の六甲に石楠花・春の高山植物を訪ねる 2016.5.2.
1605syakunage2016rokko00.htm   2015.5.10.  by    Mutsu Nakanishi
.

5月初頭 桜が散って、野山は一年で一番美しい季節に。 
この時期になると 毎年 六甲森林植物園の中にある石楠花谷へ日本石楠花を見に行くのですが、
今年はちょっと出遅れて、5月2日 連休が始まった朝一番に六甲へ。

森林植物園の石楠花は もう盛りが過ぎて、数が少なくなっていましたが、
美しいツクシシャクナゲが出迎えてくれて、気分も晴れやかに。 2016年の石楠花見れました。 
谷筋を埋めつくす満開のシャクナゲは見られませんでしたが、人も少なく ゆっくりと 一つ一つ
シャクナゲの美しさをながめられました。

森林植物園からドライブウェイを上った六甲山上の高山植物園では新聞では
「今ちょうどシャクナゲが見頃 ヒマラヤの青いケシも咲いている」と。
そのまま六甲山上へドライブウェイを上って、六甲高山植物園に足をのばしました。

満開の石楠花 幻の青いケシばかりでなく、シラネアオイに出会えたのもうれしい。
湿地にはクリンソウ。 高山植物の女王 コマクサやウスユキソウのほかハクサンイチゲにも。 
また 知らなかったユキモチソウなど数々の高山植物・山野草に出会えました。
春と初夏の高山植物が一斉に咲いていて ラッキー 新緑の森の中でのうれしい花めぐり。
もれ来る光に照らされて、森の小道も淡い緑のグラデェーション。 
新緑の緑をバックに木漏れ日に輝く石楠花 石楠花谷とは違う美しさも。

毎年 春が来て 桜が散ると 心待ちの一日 今年も素晴らしい 「石楠花2016」
毎年の春の楽しみ また 一つ 新しい楽しみが増えました。

 web pdf file: 2016石楠花 新緑の六甲に石楠花 & 春の高山植物を訪ねる≫ ..
.2016石楠花 新緑の六甲に石楠花 & 春の高山植物を訪ねる   mp4動画再生中 3:30  23MB
  .
.
基本映像(推奨 640x480) &  再生しない時は  . こ こ  .をクリックください .  by Mutsu Nakanishi
.
  六甲森林植物園 石楠花谷
  六甲高山植物園 春の高山植物
.

日本シャクナゲ

ヒマラヤの青いケシ
.
≪ 保存 file : 2016石楠花 新緑の六甲に石楠花 & 春の高山植物を訪ねる 
 mp4スライド動画 【3:30・23MB】 pdf記録 web pdf file  【p4・2MB】 動画のphoto Album【p61・48MB】

  先頭に戻る


Photo : 新緑の六甲に石楠花・春の高山植物を訪ねる 2016.5.2.

1. 六甲森林植物園 石楠花谷の日本石楠花 石楠花2016
2. 六甲高山植物園 春から初夏に咲く高山植物 &  山野草   .

1. 六甲森林植物園 石楠花谷の日本石楠花  石楠花2016 2016.5.2.


先頭に戻る   ・  Photo top に戻る

2. 六甲高山植物園 春から初夏に咲く高山植物 &  山野草 

◆ 春から初夏に高山を彩る春の高山植物 湿地や山腹の林に咲く山野草・高山植物 六甲高山植物園の石楠花 ◆ シラネアオイ

.


◆ 春から初夏に高山を彩る春の高山植物 ◆   元へ戻る 


 
.


◆ 湿地や山腹の林に咲く山野草・高山植物 ◆   元へ戻る 


.


◆ 六甲高山植物園の石楠花 今が見ごろでした ◆   元へ戻る   


◆ シラネアオイ ◆   元へ戻る 

.
≪ 保存 file : 2016石楠花 新緑の六甲に石楠花 & 春の高山植物を訪ねる 
 mp4スライド動画 【3:30・23MB】 pdf記録 web pdf file  【p4・2MB】 動画のphoto Album【p61・48MB】
.

先頭に戻る   ・  Photo top に戻る  
.

home page top 新着monthly page 2016和鉄の道 2016風来坊 2016四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
.


1605syakunage00.htm     2016.5.10  by Mutsu Nakanishi.