【from Kobe 2月】
                     節分の時節 気になったあれこれ情報 2012.2.1.
 
春遠からじといえども、各地では大雪の便り。 まだまだ寒い2月が始まりました。いかがでしょうか・・・・
神戸の街は 神戸の街は春節を向かえ 華やいだ雰囲気に 
また、寒い早朝の門先を元気な子供たちが白い息を吐きながら、駆け抜けてゆきます。
また、庭には一輪 また一輪と春の花が咲き出し、いよいよ春まじかです。
暗い話が多い中 元気出して 前をむかねば・・・と気持ちを奮い立たせています。
 
 
1.
2011年日本列島考古学新発見トピックスの記事紹介 &
   東北人間復興の支えとして 東北の文化財・博物館の復興にも眼をむけよう
2.
     黙ってその利を独り占めする&享受したいサービスもある
3.
google   gmail アドレス取得すると使いやすいメーラーに 
2つ以上の使い分けメールアドレスを集め、元のメールアドレスでそのままの発信もできる便利さ
【おまけ】
「節分の鬼」 From Kobe 2008 年2月 「節分の鬼」
                節分の鬼について 「和鉄の道」で何度か取り上げています。 
                そのいくつかを資料に取りまとめています。
                  1. 日本人の祖先の一部  節分の「鬼」 
         2. 和鉄の道 Iron Road  日本各地 鬼伝説が残っている例

 
 

 

神戸 中山手の関帝廟  2012.1.25.


春節が始まった1月25日 
「神戸に住んで30年を超えるが、一度も関帝廟に行ったことがない」と家内が言う。
関帝廟から南京町の春節を見に行きました。 
関帝廟はひっそり静か。南京町は春節祭でにぎやか。
このコントラストもおもしろい。
本当に 南京町で久しぶりに 中国雑技団のアクロバチックな演技をみました。
 春節でにぎわう南京町 2012.1.25.
  
    高い一輪車の上 足で3個のワンを蹴上げ 頭の上にすっぽり収める演技 実に見事  2011.1.25. 南京町で



1. 2011年日本列島考古学新発見トピックスの記事紹介

        & 東北人間復興の支えとして 東北の文化財・博物館の復興にも眼をむけよう
毎年6月 東京を皮切りに 前年の日本列島考古学新発見展が行われるのですが、
それに先立って 昨年暮れ 朝日新聞に2011年日本列島の各地の考古学の新発見のレビューが掲載された。
昨年は東日本大震災による大津波から、過去の葬り去られてきた大津波の記録・痕跡が大きく注目を集めた。
考古学調査で明らかにされている大津波の痕跡の事実としての重要性が認識され、今後の防災に大きな役割を果たすだろう。
一方 ここ最近 邪馬台国の有力候補地として注目を集めてきた奈良纏向遺跡周辺も その確証はみつかっていない。
また、毎年 気になる古代の製鉄遺跡の発掘も特に記載されておらず、総じて 昨年は話題が沸騰する新発見は特にない静かな一年といえる。
私にとっては 奈良盆地の南端 御所市で出土した弥生時代前期の広大な水田跡中西遺跡の出土が一番の驚き。
専門家はどう評価されるのかわかりませんが、水田稲作が伝わった早くから奈良盆地に広がる広大な計画的な水田跡は早くから大穀倉地帯として大和が栄え、
大和が日本誕生の中心となってゆく力の源泉であったのではないか・・・・と。
長年の疑問を解く鍵が得られたと思っています。
また、一番気になるのは 東日本大震災で大きな被害を受けた郷土考古館・博物館の修復。
これらは 地味ではあるが、郷土の歴史を物語ることが出来る貴重な場所。 
東北の人々の拠り所 文化・祭りの中心として神社・寺とともに 郷土復興の中心を担ってほしい。 
人の復興が叫ばれる昨今 郷土復興が薄っぺらなものにならぬよう願っています。
.

2.あまりにもスピードの速い情報機器の変遷  知らない人を置いてゆく・・・・ 
     黙ってその利を独り占めする&享受したいサービスもある
 

 
 

 

つい先日 スマートフォンの急激な伸びにドコモ携帯電話の通信基地機能が麻痺して通信不能になった
ドコモいわく「スマートフォンの普及がつくる通信量のあまりにも大きな増加が想定外だった。これから 1500億円を超える投資をして 対応する 」と。
通信サービス・スマートフォンを売る会社がその通信量を想定外という。
 
これ、東電の話と一緒です。
すでに 何度も地域緊急時に通信パンクしているではないか・・・

やるべき投資をせず、収益性競争にまい進していることを浮き彫りに・・・・・

携帯電話の契約と初期設定 説明不足による収益を計算したら いくらになるのだろうか・・・・
聞いてみると みんな機器の進歩による高精密画像「写メール」の送信で びっくりする携帯電話通信量請求の痛い目に会った経験ががあるという。
あるパソコン雑誌を読んでいると
今 インターネットや電話そしてデジタルTVの契約をよくチェックして見直さないと大きな損をしている。競争の中で、新しいサービスが次々とでて、じっと昔のままの契約でいると大損になっていると。
光ファイバー・ADSSD・ケーブルの通信回線それぞれに固定電話会社と携帯電話会社が乗っかり その孫にプロバイダーが乗っかる3重構造でインターネット・携帯電話ビジネスが展開されている。
そして、新規契約を絡めて契約競争を激化しているのである。
この競争の中で次々新サービスが生まれ、安価な契約がすすんでいる。 契約を切替えないと大きな過払いになっていると。
具体的事例に私の契約が入っていて びっくり。
飛びついたら 違約金/解約料 ほっておくといつまでも高い料金を払い続けているどないしたらええねんと・・・・・。
コンピュータを使った毎月の料金表 事細かく何に幾らかかったかが書かれている。
通信会社は ちょっとプログラムを改良してくれれば、
 「今一番安い契約はどれか」
料金表にアドバイスを書けるはず。
黙り込んで 得ている利益はかなりのものだろう。
テキスト ボックス:
以上 通信がらみの私には不明朗と映る通信・エロクトロニクスがらみの話。

こんなことにからんで 黙りこくっている会社が日本の優良会社 日本の未来を担う会社の一角なのである。
考え込んでしまう事例である。
 

でも 携帯端末と通信・PCの融合したスマートフォンは ますますその便利機能を高め、
この高齢化社会の中、高齢者ほど必要な地域・家族・仲間とつながるコミュニケーションツールになりつつある。 
ある程度の扱いを知っておかないと取り残されてしまうのも事実である。
.
  先頭に戻る
 


3. google   gmail アドレス取得すると使いやすいメーラーに
 . 2つ以上の使い分けメールアドレスを集め、
 元のメールアドレスでそのままの発信もできる便利さ
 
最近 googleのgmailアドレスから メールを貰うことが多くなった。 
無料にメールアドレスもらえるにしろ、何でいまさら メールアドレスを変えるのだろうかと不思議に思っていました。
ふっと 気になって インターネットのgoogle gmail サイトにアクセスしてびっくりしました。
なんとgmail  address を取得すると インターネットの自分のgmailサイトに簡単な設定だけで、
他のメールアドレスに送られたメールを集められる。しかも それらの元の自分のメールアドレス名でメールを送ったり、
gmailアドレスでメールを送る選択が出来るのです。 
また、受信メール箱の容量は大きく読んだメールの削除は必要なく、送信するメールの大きさも
制限を受けない。 しかも 受信箱を開けるのもインターネットに接続するだけの簡単さ。
そんなに うまいこと行くのかと半信半疑で gmailアドレスを取得して、使い分けていたメールアドレス分のメールをここに集めましたが、
その便利さにびっくり。今までのメールアドレスに変えてgmail address を使うのはこれだなあ・・・・・・と判った次第。
今のところ これといった問題なし。
2つ以上のメールアドレスを使い分けている人には 本当に便利で、使いやすいメーラーです。
                   2012.1.30.  by  Mutsu Nakanashi

  先頭に戻る




 
 
【おまけ】
「節分の鬼」 From Kobe 2008 年2月 「節分の鬼」
  節分の鬼について 「和鉄の道」で何度か取り上げ、そのいくつかを資料に取りまとめています。
      1. 日本人の祖先の一部  節分の「鬼」
   2. 和鉄の道 Iron Road  日本各地 鬼伝説が残っている例