home page top 新着monthly page 2012和鉄の道 2012風来坊 2012四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
.
.
映 像 資 料

【スライド動画】

私の阿蘇谷 「阿蘇黄土」を訪ねる 古代の製鉄原料???
.
阿蘇谷にベンガラの原料・「阿蘇黄土」を訪ねました
また、帰りに日本一美しい姿ダム 豊後竹田 白水ダムへも

オープンに少し時間がかかります
firefoxでは画面が白くなりますが、その上でクリックすると画面が現れます

2012.
11.1.& 11.2.
2012.12.15. 1212aso00htm  by Mutsu Nakanishi
阿蘇谷の中央にどっしり座す阿蘇五岳 
仏の姿にみえる 阿蘇北の外輪山 大観望より 2012.11.1.
阿蘇谷の北側の壁近く狩尾地区を覆いつくす阿蘇黄土(渇鉄鉱
 卑弥呼の赤とも???
 阿蘇谷に大量に埋蔵されている渇鉄鉱ベンガラ原料の「阿蘇黄土」 
 これが日本での製鉄の開始と関係していないか??? 
 阿蘇谷に出現した大量の鉄を保有する村の出現は証拠こそないが、それを示すのでは??? .
 是非 一度阿蘇谷に行って 「阿蘇黄土」に出会いたいと・・・・・
.
【映像資料・スライド動画】私の阿蘇谷 「阿蘇黄土」を訪ねる
2012.11.1. & 11.2.
阿蘇谷にベンガラの原料・古代の製鉄原料??「阿蘇黄土」を訪ねました
また、帰りに日本一美しい姿ダム 豊後竹田 白水ダムへも

.
.
動画再生中 再生に少し時間がかかります
[画面が白くなる時は その上でクリックしてください 画面が現れます]
動画が再生しない時
私の阿蘇谷 阿蘇黄土を訪ねる
wmv動画〔100MB〕 PDFアルバム〔52MB〕
.
スライド PDF 写真ファイル
1. 私の阿蘇谷 渇鉄鉱阿蘇黄土と古代鉄概説
2. 菊池渓谷から阿蘇谷・阿蘇山ドライブ
3. 阿蘇谷狩尾に「阿蘇黄土」を訪ねる
4. 帰りは日本一美しい白水溜池堰堤へ
「私の阿蘇谷」スライド全写真 
「阿蘇黄土」を訪ねる 古代の製鉄原料?
. .
参考1 「和鉄の道」10Iron11.pdf 2010.11月
 阿蘇黄土と
  弥生後期鉄を集積した下扇原遺跡
参考2
「阿蘇黄土」と
   鉄分を含む透明な湧水「赤水」
    採取地 日本リモナイト
. .
阿蘇谷のMap
 
2011.10月 愛媛大学東アジア古鉄文化センター歴史講演会
「弥生時代の小さき製鉄か工具たち 阿蘇・下扇原遺跡の出土品から」で
熊本県教育委員会 宮崎敬士氏から阿蘇谷 下扇原遺跡&小野原A遺跡の発掘調査の話を聞きました。
 
 弥生時代後期卑弥呼の時代の前夜 先進材料であった鉄器を大量に集積した集落が山深い阿蘇谷に
  出現し、古墳時代が始まると忽然と消えていった。
 鍛冶工房を含む数多くの住居・鉄器・鉄滓が出土し、住居の床敷きやあちこちに大量にベンガラが
  あったと。
 愛媛大村上恭通教授の話では「1000℃を越える高温で焼かれたと考えられる謎の鉄滓も出土してい
  るが、でも 炉跡からは粒状の鉄など製鉄が行われたという証拠は何一つ見つかっていない」とお
  聞きした。

同時期 淡路島にも大鍛冶工房集落五斗長垣内遺跡が出現し、同じように古墳時代が始まると忽然と
消えてゆく。
謎の鍛冶工房村の盛衰??  実用鉄器が広く使われ始める幕開の時代である。
 
この弥生時代の末から古墳前期 日本の幕開けの時代に「日本でも小規模ながら製鉄が始まったので
はないか??」と
推察する研究者もいる
 

阿蘇谷に大量に埋まっていて 今も採掘が行われていると聞く渇鉄鉱「阿蘇黄土」   
この黄土を焼けば 簡単に真っ赤な「ベンガラ」が得られるといい、
比較的低温度の900℃程度以上で、溶け始め、凝集が起こると聞く。 
是非とも一度 現物を見て 弥生の鉄に思いをはせたいと・・・・・

阿蘇の帰りに道がわからず不安でしたが、
立寄った本当に美しい豊後竹田の山中にある「白水溜池堰堤」も紹介したい

日本一美しいといわれる白水溜池堰堤
 
考資料
1. 愛媛大学東アジア古代鉄文化センタ第6回アジア歴史講演会「弥生時代の小さき鉄製加工具たち」 
    宮崎敬士氏「下扇原遺跡・小野原A遺跡」 & 村上恭通氏「中九州における弥生時代鉄製品研究の論点」ほか
2. 日本リモナイト home page   http://www.limonic.co.jp/
3. 【和鉄の道・Iron Road】
. 1.  第6回アジア歴史講演会を聞いてより 「阿蘇谷 大量に鉄を集積した集落 下扇原遺跡」 2010.11.5.  
        http://www.infokkkna.com/ironroad/2010htm/2010iron/10iron11.pdf
2. 九州の縄文・古代文化を訪ねて 1. 熊本県菊池川流域の装飾古墳群   2004.10.6.  
             http://www.infokkkna.com/ironroad/dock/walk/2walk09.pdf
3. 九州 古代の豊の国から阿蘇へ 鉄の国「豊(豊前・豊 後)」臼杵石仏を作らせたのは炭焼き長者 ??? 
         http://www.infokkkna.com/ironroad/dock/iron/6iron07.pdf

       先頭に戻る


【参考1】 「和鉄の道」10Iron11.pdf 2010.11月 阿蘇黄土と弥生後期鉄を集積した下扇原遺
 
【参考1】  2010.11.5. 和鉄の道10Iron11.pdf
                  http://www.infokkkna.com/ironroad/2010htm/2010iron/10iron11.pdf
 


 
先頭に戻る    参考1  スライドに戻る



      【参考2】
阿蘇谷「阿蘇黄土」と鉄分含透明な湧水「赤水」(採取地 日本リモナイト)の実験
阿蘇黄土と鉄分を大量に含む湧水「赤水」 2012.11.1 日本モンサントで採取
 
阿蘇谷 狩尾地区田園地帯で「阿蘇黄土」を露天掘りしている
日本リモナイトで「阿蘇黄土」と鉄分を大量に含む透明な湧水
「赤水」を分けてもらって、持ち帰り実験してみました。
持ち帰った「阿蘇黄土」を皿に入れてガスの炎で焼くと
ほんの数分で真っ赤なベンガラ色に。
こんなに簡単にベンガラに変化するのにビックリ。
この阿蘇黄土は1000℃足らずの温度で溶けて凝集すると聞くので、
ますます、還元雰囲気で1000℃ほどに焼いて、
鉄滓と共に、鉄が凝集するのか??? 
やってみたいと。

鉄分の多く含まれる湧水「赤水」も空気にふれると水酸化鉄にな
って、褐色に。そして この水にお茶を注ぐとタンニンと反応し
て 真っ黒に。  

.
先頭に戻る  参考2  スライドに戻る

参考資料
 
1. 愛媛大学東アジア古代鉄文化センタ第6回アジア歴史講演会「弥生時代の小さき鉄製加工具たち」 
    宮崎敬士氏「下扇原遺跡・小野原A遺跡」 & 村上恭通氏「中九州における弥生時代鉄製品研究の論点」ほか
2. 日本リモナイト home page   http://www.limonic.co.jp/
3. 【和鉄の道・Iron Road】
. 1.  第6回アジア歴史講演会を聞いてより 「阿蘇谷 大量に鉄を集積した集落 下扇原遺跡」 2010.11.5.  
        http://www.infokkkna.com/ironroad/2010htm/2010iron/10iron11.pdf
2. 九州の縄文・古代文化を訪ねて 1. 熊本県菊池川流域の装飾古墳群   2004.10.6.  
             http://www.infokkkna.com/ironroad/dock/walk/2walk09.pdf
3. 九州 古代の豊の国から阿蘇へ 鉄の国「豊(豊前・豊 後)」臼杵石仏を作らせたのは炭焼き長者 ??? 
         http://www.infokkkna.com/ironroad/dock/iron/6iron07.pdf
        先頭に戻る
home page top 新着monthly page 2012和鉄の道 2012風来坊 2012四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
.
 


1212asodani00.htm     2012.12.15.  by Mutsu Nakanishi