home page top page monthly page   from Kobe 全file収蔵Dock 2012四季折々・From Kobe home page 全file収蔵DOCK Top
.
「 IRON ROAD 和鉄の道 」 Mutsu Nakanishi Home Page
和鉄の道『たたら』探訪 ・『風来坊』Country Walk ・ From Kobe  since 1999
.
2012年 1月 Monthly Page  from Mutsu Nakanishi 

h2401.htm  2012.1.5.更新  by  Mutsu Nakanishi 
 

本年もよろしくお願いします    〔 年のはじめに 厳しさを力に 〕


しあわせ 運べるように
 〔Sound 左端のボタンをクリック
.
今年のルミナリエのテーマは「希望の光」

ルミナリエが始まった時 真っ暗な街にぱっと明かりがついたその時のうれしさとありがたさが 今も頭にありありと 

東日本大震災・原発事故 そして各地で頻発する災害に会われた方々へ
そして 社会の中で 苦しみもがいている人たちへ

「星とたんぽぽ」
                金子みすず


青いお空のそこふかく、   海の小石のそのように、 
夜がくるまでしずんでる、  昼のお星はめにみえぬ。 
見えぬけれどもあるんだよ、 見えぬけれどもあるんだよ。

ちってすがれたたんぽぽの、 かわらのすきにだァまって、 
春のくるまでかくれてる、  つよいその根はめにみえぬ。 
見えぬけれどもあるんだよ、 見えぬけれどもあるんだよ。
 

 ほんとうに そのまなざしがうれしい

 何もできませんが、そんな思いを込めた応援歌です
 一日も早く 被災されたひとりひとりに笑顔が取り戻せますように 

       「 希望の光

         負けないで 忘れないで 暖かい希望の輪がつながっていることを
           今できることを 精一杯 声かけあい 支えあって                 

                      2011.12.10.夜 From Kobe 点灯したルミナリエの光の中で


.

最新のページ 1月更新のホームページ 

home page top 2011.1.5.更新 更新記事概要 更新記事リスト
googleを使っての「Iron Road 和鉄の道」内の検索

   今できることを 精一杯

 希望の輪
 支えあい 声かけ合って 今できることを 精一杯

     本年もよろしくお願いします

    年の初めに 厳しさを力に
    経済評論家 内橋克人氏100年インタビューに感激して      
 

冬本番 寒くなりますが、
体調管理にご留意ください。
 また、火の用心にも気配りを
防火ポスター 1年生の孫が書きました
  ★★  今月のhome page 更新記事 ★★
.
1. 【和鉄の道】
《インターネットサーフィン》   2012.1.5.
アフリカ 古代スーダンの製鉄遺跡
ナイル川中流域 世界遺産 鉄の都メロエ遺跡 
2. 【from Kpbe 1月】
 年の初めに 厳しさを力に    2012.1.5.
 経済評論家 
 内橋克人氏100年インタビューに共感して

 ◎ 今月の掲載記事より 
 ◆ 昨年12月 経済評論家 内橋克人氏100年インタビュー
   を視聴し、本当に共感することが多く、感激しました。
   みなさんにどう映るかわかりませんが、私が受け止めた
   内容をまとめ、今年一年の基軸にしたいと

 ◆ ひょんなことからアフリカ古代スーダンのメロエ=クシュ王
   国の王都メロエ遺跡を教えてもらい、インターネットサーフ
   ィンをして、アフリカ一の鉄生産国・「鉄の都」として栄え、
   昨年この遺跡が世界遺産に登録されたと知りました。
   まったく知らなかったアフリカの古代製鉄
   インターネットで垣間見た写真ですが、ご紹介します。



 

最新のページ 1月更新のホームページ 
 
home page top 2012.1.5.更新 更新記事概要 更新記事リスト
 
  ホームページの収蔵量が多くなりましたので、ホームページを見やすく改造中です

 1. home page file 収蔵庫 移転作業をほぼ完了しました
   新しいホームページ ファイル収蔵庫のアドレスは下記の通りです。
    . home page top page http://www.asahi-net.or.jp/~zp4m-nkns/index.htm
[新]ファイル収蔵庫 http://www.infokkkna.com/ironroad/index.html
[旧]ファイル収蔵庫 http://buffalonas.com/mutsu/www/index.html

 2. ホームページ内のキーワード検索  googleのエンジンで

  【設置したgoogleのサイト内検索の窓の例示】
  ページに貼り付けられた下記のような「googleのサイト内検索の窓」の検索欄にしファイル内に記述されていると思われる関係ワードを検索窓に書き込んで 検索を行
    
ホームページの記事収蔵量も多くなり、多くのファイルを何とか見やすく呼び出したいと思案しています。
Googleのファイル検索システムをホームページに張り付ければ、
googleのサイト内検索の窓ームページ内のファイル検索ができることが判りましたので、
簡便的にgoogleのサイト内検索の窓を幾つかのつかの目次ページに貼り付けました。

googlleを借りて「和鉄の道・Iron road」サイト内の検索をトライしています。
お探しのキーワードを入れて検索してみてください

 
googleを使っての「Iron Road 和鉄の道」内の検索
 
先頭に戻る   1月の便りに戻る

  【今月のhome page 更新記事 概要   2012.1.5.更新 
**************************  今月の和鉄の道 製鉄遺跡探訪  *********************************
.
 1. 《インターネットサーフィン》 
     【和鉄の道】アフリカ 古代スーダンの製鉄遺跡  2012.1.5.
        ナイル川中流域 世界遺産 鉄の都メロエ遺跡 
     
   . 1.【インターネットサーフィン】
ナイル川中流域 古代スーダンの製鉄遺跡 世界遺産 鉄の都メロエ遺跡 2012.1.5.  ..
アフリカ スーダンの砂漠に真っ黒な鉄滓塊が山になってゴロゴロあると聞く、
ひょんなことからアフリカ古代スーダンのメロエ=クシュ王国の王都メロエ遺跡を教えてもらい、
インターネットサーフィンをして、アフリカ一の鉄生産国・「鉄の都」として栄え、
昨年この遺跡が世界遺産に登録されたと知りました。

まったく知らなかったアフリカの古代製鉄
インターネットで垣間見た写真ですが、ご紹介します。

************************************  今月の風来坊  Country Walk  **********************************
..
   当月の更新記事ありません                          

1 先頭に戻る

***************************************** from Kobe  2012年 1月   ****************************************
 from Kobe  2012年 1月   年の初めに 厳しさを力に  2012.1.5.

 年の初めに 厳しさを力に    
    経済評論家 内橋克人氏100年インタビューに共感して  

 
先頭に戻る


 
■ 【1月】掲載 記事リスト  2012.1.5.
..
今月 新たに掲載した記事
HTM file PDF file
1. 「和鉄の道・Iron Road」
 【インターネットサーフィン】ナイル川中流域 古代スーダンの製鉄遺跡
       世界遺産 鉄の都メロエ遺跡 2012.1.5.
[ 1201meroe00.htm ]
12iron01.pdf 
56. From Kobe  2012年1月
 年の初めに 厳しさを力に 
  経済評論家 内橋克人氏100年インタビューに共感して  
2012nengakobe.pdf
fkobe1201.pdf
.  「2010年 和鉄の道・Iron Road 」book
.
  「2011年 和鉄の道・Iron Road」book は 現在まとめ整理中
***
***
.
★ WMV動画閲覧のため、メディア ブレイヤー または リアル プレイヤーを取り込んでください。

★ PDF file 閲覧.アクロバット もしくは アクロバットリーダー Webプラウザ-の表示変更の方法
 

powerpoint viewer のダウンロード adbe reader のダウンロード
Media Player ダウンロード Real Player のダウンロード
.
 
先頭に戻る


 
.
 
home page top page monthly page   from Kobe 全file収蔵Dock 2012四季折々・From Kobe home page 全file収蔵DOCK Top

.



2012.1.5. 更新 h2401.htm/ infokkkna.com    by Mutsu Nakanishi