.
home page top 新着monthly page 2011和鉄の道 2011風来坊 2011四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top
 
テキスト ボックス: 5.
    日本で一番低い分水界[水別れ]を越えて 瀬戸内海と日本海を結ぶ氷上回廊
.
  加古川から由良川水系域へ 山越のない「水別れ街道」を行く       2011.5.14.           .
.
     古代 大陸・朝鮮半島から日本へ 日本海沿岸から大和を結ぶ鉄の道
.
         1106mzwkre00.htm   2010.6.5. by Mutsu Nakanishi
日本一低い中央分水界 丹波市氷上町石生 「水別れ」  2011.5.14.
丹波市氷上町石生の「水分(みわか)れ」は、本州で最も低い標高の中央分水界で、日本海に注ぐ由良川と瀬戸内海側へ流れる加古川をつなぐこの低地帯は「氷上回廊」と呼ばれている。

日本列島を太平洋側と日本海側とに隔てる「“高い壁”"日本列島の背骨" 中央分水界」を容易に越えられるわずか95.4m の標高の氷上回廊は太古の昔から、現在に至るまで重要な人の交流・交易路であるばかりでなく、数多くの生物の南北の移動経路として重要な役割を果たしてきました。

弥生末から古墳時代にかけての日本誕生の黎明の時代 
大陸・朝鮮半島の鉄を必要とする卑弥呼邪馬台国・大和初期王権にとって大陸・朝鮮半島から北部九州・出雲・妻木晩田・青谷上寺地そして但馬・丹後と鉄の王国が連なる日本海沿岸を経て、この氷上回廊を通って瀬戸内側に入る道は安全・容易な大陸・朝鮮半島との重要な交流路。
古代の鉄の道をイメージし、何度となく古代の鉄を求めて訪ねた道である。
 
この4月 書店で小路田泰直著「邪馬台国と「鉄の道」-日本の原型を探索する-」という新刊文庫本が目に留まりました。

ここにも日本の源流を鉄と結びつけ、この時代の大陸・朝鮮半島との最重要交流路を氷上回廊を見ている人がいると「鉄の道」の表題に惹かれて読みました。
その根拠は 氷上回廊が日本で一番低い分水嶺を持ち、ほとんど山越えのない安全・容易な交流路であること。これに対して 今まで重要視されていた海路瀬戸内の道は島影が多く、行く先々の海の安全が不安であるという。

まだ、その評価が定まった説ではありませんが、
魏志倭人伝に記された北部九州から邪馬台国への道の謎が、
「朝鮮半島→北部九州から 山陰日本海沿岸→氷上回廊  →淡路島→紀ノ川を通って大和へ 」と実に明快に謎解きされていました。
また、この氷上回廊の鉄の道が日本での製鉄の始まりとともに琵琶湖経由の鉄の道へ移ってゆくとの説も新鮮で気に入っています。

何度も通った氷上回廊周辺ですが、「氷上回廊を通れば 本当に山越・峠越なしに瀬戸内側から日本海撫でゆけるのか???」

また、尼崎で育った私には摂津の国 武庫川水系を遡って篠山から氷上・水別れを越える道 現在の福知山線が通る道の方に昔から親しみがあり、
この道との比較も実際に確認してみたい。
日本で一番低い分水界「水別れ」を直接見たのも随分昔。以前とは全く違う美しい公園に整備されていると聞く。
是非 きっちりと周囲の地形を眺めながら 分水界「水別れ」を越えて氷上回廊を行こうと。
 

. 日本で一番低い分水界[水別れ]を越えて 瀬戸内海と日本海を結ぶ氷上回廊
.
加古川から由良川水系域へ 山越のない「水別れ街道」を行く 2011.5.14.
1. 【 スライド 】氷上回廊を南北に走る水別れ街道 [国道175号線]を行く
.
       「氷上回廊を通れば 本当に山越・峠越なしに瀬戸内側から日本海までゆけるのか???」
2. [街道スナップ] 氷上回廊を南北に走る水別れ街道 [国道175号線]を行く
3. 【 資  料 】氷上回廊 概要 と 古代 氷上回廊周辺の古代遺跡分布
4.   まとめ  氷上回廊 山越・峠越のない「水別れ街道」を行く
【写真アルバム】 [ Pdf file  PPS file ]

この氷上回廊の中を国道175号線が明石から加古川を遡り、丹波市氷上町石生「水別れ」で分水界を越えて由良川水系の竹田川沿いを福知山へ抜け、
そのまま由良川の河口の日本海(舞鶴)を結んでいる。何度もミニバイクや車で走った道である

余り今まで気にも止めていなかったのですが、今回この国道175号線を「水別れ街道」と名づけられていること初めて知りました。
また、福知山から西へ由良川に合流する牧川沿いの国道9号線を進むと但馬和田山から円山水系の日本海側の豊岡・出石へも容易にたどることができて
この氷上回郎は今もに瀬戸内側と日本海を結ぶ重要路である。

さらに中央分水嶺を挟んで北にある市島町と南側の氷上町が合併して丹波市を形成しているのも、
分水嶺が低く合併に抵抗感がなかったためでしょうか・・・・珍しいケースです。

地図を見ながら 少し調べはじめると次々と面白いことが出てきて、実に面白い。

私の好きな青と緑色グラディエーションの美しさにびっくりした「九谷焼 徳田八十吉展」が
ちょうど篠山立杭の郷 兵庫陶芸美術館で開催されているのに合わせて、
五月晴れの5月14日朝 本当に山越えなしで瀬戸内側から日本海まで行けるか??」を確かめに
家内と二人神戸を出て 一番の興味「氷上回廊は 新緑の中を流れ下る加古川から由良川へ「水別れ街道[国道175号線]」を走りました。
 

.

|<  <<  < 1106mzwkre00.htm >  次 頁 >> 最後頁>|
.
home page top 新着monthly page 2011和鉄の道 2011風来坊 2011四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK 全ファイル収蔵庫 top



1106mzwkre00.htm   2011.6.5.  by Mutsu Nakanishi