home page top 新着monthly page 2010和鉄の道 2010風来坊 2010四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK file DOCK top

  桃太郎伝説の吉備路walk   鬼ノ城を訪ねる  2010.1.15.

       唐の侵攻に備えた古代7世紀の朝鮮式山城「鬼ノ城」の中に鍛冶工房があった
        01002kinojyo00.htm   2010.1.15  by Mutsu Nakanishi
    .
【 内 容 】
1.
吉備津神社の「鳴釜神事」本当に釜が唸るのにびっくりです・・・・
2.
3.
4.
5.
参考
和鉄の道
.
【参考解説】  参考書・インターネットで調べた解説です
1.
桃太郎説話の元となった「温羅」伝説
おかやま物語・総社市鬼ノ城・吉備津神社& 吉備津彦神社
などのhome page より整理転記
2.
奥坂製鉄遺跡群 千引カナクロ谷製鉄遺跡
日本最古後半の製鉄炉がある千引カナクロ谷製鉄遺跡
光永真一著 吉備考古ライブラリー・10 
  「たたら製鉄」より整理転記
3.
古代の山城「鬼ノ城」で鍛冶炉跡が6基出土 
  大規模にこの山城で鉄器生産か
7世紀後半 663年 朝鮮半島白村江の戦いでの敗北から、
唐・新羅の連合軍の本土侵攻する備えか
岡山県古代吉備文化財センター ホームページ ほかより整理
 .

    

昨年12月 岡山 鬼ノ城の中から 鍛冶工房が出土したと聞いて、久しぶりに整備が進んでいると聞いた「鬼ノ城」を訪ねました。
「鬼ノ城」のある鬼城山は高さ400mと低いのですが、吉備・総社の街の背後にそびえ、
その山上部にある復元された楼閣がその下に広がる総社平野から見渡せ、桃太郎説話の元となった「鬼・温羅」の住処の伝説の地。
そして その東山麓  血吸川が南に流れ下る阿曽の郷は「真金吹く 吉備」の古代吉備の製鉄の中心地であり、
日本最古 6世紀の製鉄炉が出土した千引カナクロ谷製鉄遺跡が眠る地である。
この地で製鉄を始めた渡来製鉄集団が吉備を豊かにし、それを手に入れようとする大和との争いが「温羅」伝説となり、
桃太郎の鬼退治伝説のルーツとする説もあり、
この血吸川やその下流の足守川沿いから吉備の海岸線であった「吉備の中山」には点々とその伝説の痕跡が残っている。
そして 吉備の中山には鬼退治をその後吉備を治めた吉備津彦を祭る吉備津神社・吉備津彦の墓との伝承がある御陵があり
吉備津神社には 境内お釜殿の下にうずめられた「温羅」の首が13年もの間うなり続けたとの伝承にルーツを持つ「お釜神事」が今も残る。
「吉備の中山から川沿いに温羅の痕跡をたどって、整備の進む「鬼ノ城」とそこに出土した鍛冶工房跡を目指して歩こう。
また、鬼ノ城から直下の阿曽の郷に下って、
今はゴルフ場の下になっているという日本最古級の製鉄遺跡千引カナクロ谷製鉄遺跡の位置をしっかり眺めたい。」
すぐにコースが頭に浮かんでくる。
鬼ノ城の鍛冶工房はすでに埋め戻しされているが、
吉備の中山にある吉備古代文化センタに出土品の展示がされていると教えてもらったので、
これを見学して、鬼ノ城から阿曽に下る道・千引カナクロ谷製鉄遺跡の様子も教えてもらおう。
吉備の中山と鬼ノ城を結ぶのはちょっと欲張りの計画。 
どうせ 鬼ノ城の登り口ビジターセンターまでの足がないので、
どこかでタクシー頼めばよいとGPSを腰にぶら下げて 1日たっぷり、吉備の鬼を訪ねて歩きました。
コース概略は次のとおりです。
 
  . 岡山-吉備線→吉備津駅→吉備神社→吉備の中山-御陵・吉備古代文化財センタ-→吉備津神社
 → 田園の中道 総社への吉備路サイクリングロードを西へ 足守川 日畑橋へ
 → 足守川土手を北へ 左に楯築遺跡 右に吉備の中山 北の鬼ノ城を目指して
 → 鯉喰神社→国道180号線 門前集落→タクシー→鬼城山8合目 鬼ノ城ビジターセンタ
 → 鬼ノ城・鍵岩展望台→西門・角楼→南門→東門→鬼ノ城鍛冶工房跡
 → 東門→阿弥陀原登山道を奥坂。阿曽の郷へ→阿弥陀原・奥坂休憩所→血吸川沿いを足守駅
 → 岡山へ
 
【 参考解説 温羅伝説 】
○ 桃太郎説話の元となった「温羅」伝説
  おかやま物語・総社市鬼ノ城・吉備津神社& 吉備津彦神社などの
  home page より整理転記

                  

 日畑橋から北への足守川土手より眺める 左:鬼城山 右:吉備の中山  2010.1.15.

   .
【参考解説 参考書・インターネットで調べた解説です
1. 桃太郎説話の元となった「温羅」伝説
おかやま物語・総社市鬼ノ城・吉備津神社& 吉備津彦神社などの pag より整理転記
2. 奥坂製鉄遺跡群 日本最古後半の製鉄炉がある千引カナクロ谷製鉄遺跡
光永真一著 吉備考古ライブラリー・10 「たたら製鉄」より 整理転記
3. 古代の山城 「鬼ノ城」で鍛冶炉跡が6基出土  大規模にこの山城で鉄器生産か
7世紀後半西暦663年 朝鮮半島白村江の戦いでの敗北から、唐・新羅の連合軍の本土侵攻する備えか
岡山県古代吉備文化財センター ホームページ ほかより整理
 
【参考 和鉄の道】
【参考資料】
 ■ 光永真一著 吉備考古ライブラリー・10 「たたら製鉄」
  ■ インターネット検索 : 温羅伝説 , 鬼ノ城 ほか
       . 岡山県古代吉備文化財センター home page 
総社市 home page             
おかやま物語のみち            
吉備津神社 &吉備津彦神社 home page ほか
 

      先頭に戻る

|<  << < 1002kinojyo00.htm > 次頁 >> 最後頁>|
.
home page top 新着monthly page 2010和鉄の道 2010風来坊 2010四季折々・from Kobe 和鉄の道 file DOCK file DOCK top


  2010.2.5.  1002kinojyo00.htm      by  Mutsu Nakanishi